事前学習で延長なし!運転免許は合宿で取ろう【Training Camp】
HOME>人気記事>事前学習で延長なし!運転免許は合宿で取ろう

免許を取りたい時には

自動車免許を取得したいと考えている時には、合宿免許がおすすめです。ここでは教習所で行われる授業のステップや上手く卒業するためのコツを紹介していますので、参考にしてみてください。

教習所を卒業するまでの5ステップ

教習所に入校・適性検査

入校と同時に適性検査が行われます。しかし、適性検査といっても色の識別など簡単なものなので安心してくださいね。

第1段階学科教習・技能教習

始めに第1段階の教習が始まります。学科教習では基本的な交通ルールについて学んでいきます。技能教習では教習所内のコースを走ります。

みきわめ・仮免試験

第1段階を順調に進むと、みきわめという仮免試験を受けられるか認定される授業があります。もし難しい場合は補講が設定されます。学科試験も仮免試験もの前に小テストのような「効果測定」と呼ばれる試験がある教習所もあります。無事認定されると仮免試験を受験します。本免許よりもかなり厳しく見られることが多いようです。

第2段階学科教習・技能教習

第2段階になると、学科は応用的な講習になり、技能教習は路上の出ての授業になります。技能教習では、教習所によって高速教習や縦列駐車など応用的な運転も習います。

みきわめ・卒検

第2段階も順調にすすむと、みきわめをし、卒検(卒業検定)を受けることができます。卒検では技能テストのみで学科試験は各自治体で試験を受けることになります。試験場で見事合格すれば、免許を取得できるのです。

教習の内容を確かめよう

ドライバー

合宿はわざわざ通学をする手間や時間を省け、料金が安くなるため自宅から教習所が遠くても参加しやすくて便利です。しかし、運転免許は車を運転するために必要不可欠なもので、理解不足では危険で免許取得も遠のきます。教習の内容を確かめて理解できるようにしていきましょう。教習は技能や学科があり限られた時間の中で理解することを心がけ、事前にテキストを確認するとスムーズに覚えることができます。車の運転は交通に関するルールを守り的確な状況判断をすることが求められ、正確な知識を積み重ねるよう取り組むことが大事です。教習は担当する教官の指示にしたがって計画を立て、運転に自信を持てるように道路交通に関する知識を理解する必要があります。そうすれば、試験も合格して一発で最終試験まで行けるようになるはずです。

集中して覚えるようにする

運転免許は、道路交通に関する基礎的な知識と運転操作を覚えないといけないため、合宿では時間が限られ集中して覚えるようにすることが重要です。教習は技能の前に関係が深い学科を受けるように指示され、内容を理解して臨めるよう準備する必要があります。合宿は仲間を作ると様々なことを情報交換でき、初めてでも不安にならずに教習を受けやすくなるため通学よりも覚えやすいことがメリットです。運転免許は就職をするために必要不可欠で、合宿はまとまった期間で集中して教習があり長期休暇期間中などに参加すると今後の人生に役立ちます。

広告募集中