運転免許を合宿でとるなら担任制度のある教習所がおすすめ【Training Camp】
HOME>info>運転免許を合宿でとるなら担任制度のある教習所がおすすめ

通いか合宿か迷っている

運転免許を取得したい時に誰もが迷うのが、教習所に通うか合宿で免許取得をするかのどちらかだと思います。どう違うのかはっきりと分からない方もいると思うので、決めてしまう前に違いを知っておきましょう。

免許取得方法は大きく2つ!通いと合宿の違い

通いの場合

自宅近くの教習所に通うことで、慣れ親しんだ道やこれから利用する道を走れるのがメリットです。しかし、混んでいる時はキャンセル待ちを余儀なくされ時間がかかることがあります。また、費用が割高になっています。

合宿の場合

短期間で安く免許を取得できます。また、間が開かないので忘れないうちに取得できて効率的です。しかし、試験に落ちると延泊になってしまって追加料金が必要になることもあります。

初心者マーク

楽しみつつ免許を取得

いろんな交通機関がありますが、地方に行くほど車がないと生活に不便です。運転免許を取得するには教習所に通う必要がありますが、意外と知られていないのが合宿による運転免許の取得です。短い期間で免許を取得したい学生に適していますし、今日習ったことを直ぐに活かせるのが特性と言えます。都会から地方に合宿免許取得に向かう若者も増えていますし、わずか数週間程度で全てのカリキュラムを終えることが出来ます。効率の良い取得方法と言えます。

担任制度の活用

合宿システムのメリットはたくさんありますが、教官の担任制度がその一つではないでしょうか。期間を通して一人の教官が受け持ってくれますし、指導が一貫しています。質問もし易いですし、しっかりとコミュ二ケーションを図ることが出来ます。寮や食事も整っていますし、同じ目的を持つ仲間と切磋琢磨して運転免許を取得することが出来ます。自動二輪や大型免許も対象となり、就職やキャリア形成にも大きな意味があります。

実践的な教習

合宿で運転免許取得を目指すと、短期間で集中的に学ぶことが出来ます。生活の拠点と食事面のサポートがあるので、予習と復習がバッチリです。合宿先では女性の姿も目立ちますし、新しい形の免許取得方法と言えるのではないでしょうか。通学で取る方法と変わらず、実践的な教習を行っていくので運転技術の差を感じることもありません。

広告募集中